FC2ブログ
2014 / 04
≪ 2014 / 03 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2014 / 05 ≫

今日はいまだ違和感のある「昭和の日」です。どうしても「天皇誕生日」と思ってしまう人もまだまだ多いのではないでしょうか? 平成も26年になるのに。

今日の増野は小雨がパラついています。明日から明後日にかけても雨マーク。明日からは連休の中休みの方も多いでしょう。

林檎の花も少し足踏み。でも連休後半には咲き誇ることでしょう。

雨の中

雨の中

こちらは紅玉林檎。

紅玉

カイドウの花ももうすぐ開きそうです。

カイドウのつぼみ

菜の花も曇った空には似合わないですね。

菜の花

先ほどから急にムリーリョの絵が見たくなったので、帰ったら画集を開きます。


スポンサーサイト



今日も行楽日和です。今日明日はお天気がよさそうですが、昭和の日の29日から少し崩れそうですね。

SHOP前のふじりんごの木が、一輪花を開かせました。このゴールデンウィークも、綺麗なりんごの花が見られそうです。

咲いたよ

ぜひご来店ください。


ワイナリーのある松川町増野地区から、天竜川を挟んだ向こうに松川町部奈(べな)という地区があります。

天竜川から一気に200メートルほど登った河岸段丘上に広がる、静かな里です。

ここは高台にあることもあって、水に大変苦労した場所です。江戸時代に12キロもの井水を引き大きなため池も作り、今ではおいしいお米ができて「部奈の酒」という銘酒も生まれています。

ため池のほとりからは中央アルプスの雄山が一望できますし、縄文時代の遺跡もあったり、信州サンセットポイント100選に選ばれた展望台もあったりしますので、のんびり散策するのによろしいかと思います。散策コースも整備されています。

部奈

そんな部奈の道路わきにこんなものが。大砲の弾ですね。

部奈

台座の銘を読むと「香取艦記念 大正13年云々」とあります。最初は練習巡洋艦「香取」のことかなと思ったのですが、年代が合わないので、それ以前の戦艦「香取」のことなんでしょうね。戦艦香取は大正13年に解体されているので、つじつまは合うのですが、それがなぜ部奈の里に?

ワイナリーから部奈の里へは30分ほど。天竜川から急な坂道を上っていると不安になりますが、登り切ったら目の前がぱあっと開けます。


増野のあたりでは、りんごの花や洋梨の花がぽつぽつと咲き始めています。

ワイナリー脇の洋梨畑も、白い花が開きつつあります。

洋ナシの花

洋ナシの花

伊那谷の眺めもいいので、ワイナリーにお越しの際は散策してみてください。


今日からゴールデンウィークの方も多いかと思います。穏やかな天気の中、増野にも多くのお客様が訪れています。

まし野ワイナリーに時々やってきて、お客様に愛想を振りまいているヤギのはなちゃんに子供が生まれました。

はなちゃん親子

はなちゃん親子

元気で育ちますように。


穏やかな増野です。

りんごのつぼみもだんだん膨らんで、赤みを帯びてきました。ゴールデンウィークの頃咲いているといいのですが。

もうすぐ咲きます

もうすぐ咲きます

SHOP脇のハナモモは今まさに満開です。

はなもも

はなもも

カメラを変えたので、試し撮りがてらに。


穏やかな増野です。

今朝も冷え込みましたが、昼間は春らしい陽気になりました。

開花

Shop脇の桜も咲き始めました。天竜川沿いの果樹園では桃の花も開き始めています。

増野はゴールデンウィーク頃、りんごの花が満開です。


爽やかな風が吹き抜けていく増野です。

飯田弁で挨拶すれば「ぬくとくなってきたなん」

SHOP前のふじりんごの木も、いよいよ活動開始です。

芽吹く

SHOP脇の桜も明日にも開きそうですね。

つぼみ

とは言うものの、明日の朝は氷点下の予想。それに去年の4月のこともあるので、油断は禁物です。


飯田城の遺構の山門を抱えるように咲くのが経蔵寺の桜。私の家はこのお寺の檀家なので、子供のころから親しんでいた桜なのですが、最近の飯田下伊那の桜ブームのせいか、この日もガイドブック片手にカメラマンが何人か訪れていました。

経蔵寺の桜

経蔵寺の桜

4月8日撮影


個人的に一番好きな飯田下伊那の桜が黄梅院のシダレザクラです。樹齢400年。花の色が美しく、ファンが多い桜です。

黄梅院のシダレザクラ

黄梅院のシダレザクラ

4月8日撮影


舞台桜のすぐそばには古墳の上に立つ石塚桜があります。樹齢は約250年。

石塚桜

石塚桜

古墳の石室もよく保存されています。

飯田線

時折、眼下を飯田線の電車が駆け抜けて行きます。

4月8日撮影


増野は海抜が高いので、桜はまだつぼみです。が、飯田市界隈の桜は今真っ盛り。一気に春が訪れました。

飯田市座光寺の舞台桜。全国でもここでしか見られないという、花弁が5枚〜10枚の樹齢350有余年の古木です。

舞台桜

舞台桜

舞台桜

すぐそばに立つ建造物は、明治7年に建てられた旧座光寺小学校の舞台校舎。信州の県宝です。

4月8日撮影


雪が舞っている増野です。

今朝は氷点下にまで気温が下がりました。うっすらと雪も積もって、準備万端のりんごの若芽を凍えさせています。

寒いよ~

SHOP駐車場に生えている土筆も雪に埋もれて「こんなはずじゃなかったのに・・・」なんて言っているようです。

今日あたり、飯田市街地の桜は見ごろを迎え、あちこちの神社では春のお祭りがあって、お獅子が舞っているはずなのですが、一月くらい季節が戻ってしまったそうなので、あまり春の実感はないかも。

明日も朝は氷点下の予報。でも昼間は暖かくなりそうです。季節の変わり目、お風邪など召しませぬよう。


mashinowine

Author:mashinowine
りんご畑の中にある小さなワイナリーです。りんごジュースを中心として、様々なフルーツジュース、ワインを製造・販売しています。