FC2ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2019 / 12 ≫

いよいよ葡萄の収穫が始まりました。

先陣を切ってキャンベルです。

昨年は品不足でしたが、今年はなかなかの出来。

キャンベル

どんなワインになるのか楽しみです。


スポンサーサイト



昨日までの雨は上がって、青空がのぞいています。

ここ数日、暖かい日が続いて、干し柿作りの柿農家さんは大変だそうですが、りんごも昨年より少し早い収穫になっているようです。

王林が次から次へと搬入されています。昨年は王林が少なかったのですが、今年は大丈夫のようですね。

王林

出来立てのジュースを工場から持ってきて、「初搾り」として販売しています。売店のみの期間限定。初めての試みですが、なかなか好評です。

ネット販売の正規品は、もうしばらくお待ちください。

店長


今年、2015年は松川町が果樹栽培を始めてから100年という節目の年です。
大正4年、1915年に松川町の果樹栽培は始りました。

町では6月から様々な記念事業が開催されてきました。先日10月6日には
「百周年記念式典 武田徹氏・横山タカ子氏 記念講演会」
が開催され、私も参加させていただきました。

ラジオパーソナリティーの武田さんと、
郷土食料理研究科の横山さんの絶妙なトークがとても楽しかったです。
テーマは”食”に関するもので、私たち一人ひとりにとって重要なお話ばかりでした。
お二人はSBCラジオで月に一度、トークをされています。
ぜひ聞いてみて下さい(「武田徹のつれづれ散歩道」 毎週土曜8:00~11:00放送)。

式典には、姉妹都市である静岡県牧之原市、
埼玉県蓮田市からもご来賓の方がお越し下さり、
町長からの表彰式や、若い就農者でつくる「若武者」たちの未来への力強い宣言がありました。
101年目も町をあげて頑張っていこうということで、
まし野ワインも地域貢献・発展に向けて今後も精進していきたいと思います。

式典後には地元のりんごや梨、黒豚ソーセージを使った料理がふるまわれ、
太鼓やにゃんたぶぅの演奏、獅子舞など賑やかなまま閉会しました。

今後の松川町果樹栽培百周年のイベントは以下の通りです。
10月25日(日) ぺっかん楽市withハロウィンパーティー
11月21日・22日 松川そば祭り
12月6日(日) ふじまつり

山下

今朝は寒い朝でした。

気温も10度を切って、いよいよ紅葉が始まりそうです。

昨年大好評だったポロタンが入荷しました。

ポロタン

入荷量に限りがありますので、見かけたらぜひどうぞ。1袋500円です。


今日でシルバーウィークも最終日です。

今年は土曜日も含めて5連休だった訳ですが、次に5連休になるのは11年後だとか。

ニュースでもやっていましたが、春のゴールデンウィークより行楽地の人出は多かったとか。当町にも、りんごを求めてたくさんのお客様にお越しいただきました。ありがとうございます。

今は、りんごの量こそまだ少ないのですが、品種はたくさん出回っています。いろいろなりんごが味わえる時期です。

よく聞かれるのが真っ赤に色づいた小さなりんご。

ピッコロ

これは信州でしか栽培されていない品種でシナノピッコロです。手のひらサイズのおいしいりんごなので、直売所で見かけたらぜひどうぞ。

紅玉

こちらはおなじみの紅玉です。今では貴重になりつつあるりんごですが、お菓子作りには欠かせません。

これからりんご3兄弟やふじ、王林が次々に出回ります。おいしい季節はまだまだこれからです。

店長


mashinowine

Author:mashinowine
りんご畑の中にある小さなワイナリーです。りんごジュースを中心として、様々なフルーツジュース、ワインを製造・販売しています。